✎介護技術向上のための社内研修ってこんな感じ

他のスッタフがイベント🌸についてUPしてくれているので

私は管理者らしく?いろはの社内研修について今回は書こうと思います。

いろはでは月1回、テーマを決めて社内研修を職員全員参加で実施しています。

先月は、車椅子介助とオムツ交換について、座学と実技の研修を。

今月は、介護保険に関わる必要書類と役割についての座学にて、

職員全員、頭から煙を出しながら私の講義を聞いてくれていました。

採用時、資格や介護経験がないスッタフも多いので毎回、介護技術は基礎から

それこそ先月も車椅子の種類やパーツの名称まで。

 

オムツ交換の実技時にもオムツや尿取りパットの種類や使い分け方まで

細かく説明しています。

実技以外にも介護保険の仕組や申請方法、受けられるサービスについて

限度額、保険外のサービスまで、今月の様に帳票類の種類や役割まで

全職員一人一人が理解し、家族様から相談や問い合わせに誰でも対応できるようにと頑張っています。

(講師をする側も、講義を受ける側も必死だったのか?

 写真係がお留守という失態・・・orz)

介護経験が今までなかったスタッフには難しい注文をしていると思いますが、

躓きながらも辞めず長く続けてくれている、職員の入れ替わりが少ないのは

いろはの良い特色だと思います。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP