原点回帰~福祉接遇学~

今年も例年に負けず劣らず連日、猛暑が続いています。
コロナウイルスの影響も続いており、治まる気配がありません・・・
そのため、外出時にはマスクの着用も必要で、想像以上に過ごしにくい夏ですね(;´Д`)

そんな中ですが、デイサービスいろはでは定例会議の日を利用して講師をお願いした上で研修を実施しました。

今回は、原点回帰をテーマに接遇についての研修です。

今までも色々な講師の接遇マナーの研修を受講してきましたが、職員の意識の統一を含め、今一度現場の雰囲気・環境をイノベーションするべく、今回は今流行りのリモート研修を青野桂子さんにお願いしました。

基本的なマナーが必要な理由から立ち居振舞いまで、高齢者の尊厳を支えるケアについての考えかた、そして「いろは」の理念にいたるまで、90分という短い時間の中でてんこ盛りな内容を分かりやすく、にぎやかに教えて頂きました。

私自身、青野さんの研修を受け、普段使っていた言葉の中に改善しないといけないと思い至る箇所が散見され、矯正の日々です。

思わずカタコトになる事もあり、利用者様から笑われる事もしばしば・・・;

しかし、それほど日々意識していかなければ乱れてくることがあるのも事実で、今後一層いろはが利用者様のためによりよいサービスを提供していく為にも、定期的な接遇の研修は必要だなと感じています。

また、今後もコロナに注意しながら定期的にリモートによる研修も実施していきます。

次は認知症サポーターの講習もしたいと色々な方に相談中です。

 

 

関連記事

PAGE TOP